結婚式が授けてくれるもの

結婚してからもずっと、お二人が幸せであるために

結婚してからもずっと、お二人が幸せであるために。

節目ごとに育まれる、感謝や自覚

挙式は出会ったお二人が、親から離れて歩み出すための人生の最大イベント。

 

最近は入籍のみの手続きでお二人にとって大切な人生のスタートを終わらせてしまう方や、ハガキの報告のみで済ませてしまう方もいらっしゃいます。

もう少し大きな「人生の営み」の中で考えてみると、日本に昔から続いている文化は、節目節目を大切にして営まれてきました。

 

皆さんがお子さんとして生まれた時、ご両親はどんなにうれかかったことでしょう。それ以後、お食い初め、初節句、七五三、入学・卒業、就職、成人などなど、皆さんがこれまで大きくなられてきた中で、いくつもの「節目」をご両親はとても幸せな気持ちでむかえられてきたのではないかと思います。皆さんも、節目ごとにご両親や親せきの方々、知人や友人に祝福されることで幸せな気持ちになるとともに、自分の心の中に芽生える自信と周囲への感謝を感じてこられたに違いありません。

 

節目節目を大切にする日本の文化は、(決して古臭いことではなく)皆さんの生き方や成長する過程を大切に見つめる文化に他なりません。お祝いすることによって、まわりの人に自分が「見守ってもらっている」「応援してもらっている」という気持ちが小さい頃から芽生え、この安心が「自信」や「責任感」「気配り」へとつながり、これから先の人生も頑張って生きて行かれる「心の力」になっているのです。

お二人が親から離れて歩み出す人生の「節目」

「式の形」ではなく、「節目」を作ることが大切

結婚式は、節目を大切にする日本の文化では「祝言(しゅうげん)」と言われ、この先お二人で新たな人生をスタートさせるためにとても大切な節目となります。

 

大々的な披露宴ができなくてもかまいません。
お二人の写真を撮影するだけの挙式でもかまいません。

 

これまで応援してくださった方に対して、またこれから長きにわたりお二人で歩んでいかれるためにも、ぜひ、きちんと二人の思い出に残る「節目」を作ることをおすすめします。

 

そして「節目」を作る時には、お二人にとって「大切なもの」を大事にしてください。

 

これが末永くお二人が人生を共に歩んでいく、礎(いしずえ)になります。

節目は末永く歩んでいく二人の礎(いしずえ)

花嫁姿がもたらす幸せ

多くの女性の皆さんがうなづかれると思いますが、女性は物心つく頃より、花嫁姿に憧れて育ちます。「誰と…」の前に花嫁のドレス姿や和装姿への憧れです。

 

花嫁姿は、それだけで多くの人に幸せを運んでくれます。
皆さんも街で花嫁姿の女性を出会い、心の奥底から幸せな気持ちがわき起こってくるのを何度も経験されていることでしょう。

実は花嫁姿は、その幸せな気持ちとはまた別の大きな役目を果たしてくれます。それは、その仕度をすることによって、「人生を歩んでいく覚悟」ができるということ。

 

節目は感謝を伝える場であるとともに、自分の人生に覚悟を決める場でもあります。節目をしっかりと作り、ぜひ、お二人の幸せな人生を歩んでいただきたいと思います。

 

結美プランナーは、お二人が末永く幸せに歩んでいくための大切な「節目」を全力でお手伝いしています。

花嫁姿によって生まれる「覚悟」

 

お問い合わせは、お気軽にどうぞ

結婚式の総合プロデュース 結美プランナー
TEL : 0266-73-0812
info@yuubi.info   長野県茅野市豊平1610-1
  • w-facebook

Copyright © 2015 Yuubi Planner. All Rights Reserved.